有料で家賃を保証|サブリース契約すれば経営が楽になる|活用する前に内容を把握する
ウーマン

サブリース契約すれば経営が楽になる|活用する前に内容を把握する

有料で家賃を保証

お金

リスクもあることを知って

家賃債務保証とは、有料で連帯保証人の代わりをつとめてくれるシステムのことです。直接連帯保証人となるわけではない点には注意しなければなりません。家賃が滞納した場合に、一時的に家賃を支払ってくれ、家賃の督促も代行してくれます。そのため、家賃の保険としても、督促の手間を省くという意味でも便利なシステムです。借り主に連帯保証人が見つからない場合でも、借り主負担で家賃債務保証会社をつけることで部屋を貸すことができるというメリットもあります。このように便利な家賃債務保証というシステムですが、リスクも存在します。利用料が借り主負担となるため、必須となっている場合には入居者が敬遠する理由となってしまう点や、家賃債務保証会社が倒産するリスクなどです。必ずしもメリットばかりではない点には注意しなければなりません。

事故報告はきちんと

家賃債務保証をつけているならば家賃の心配がないかというと、必ずしもそうではありません。貸し主である大家にも注意しなければならない点があります。それが事故報告です。大家は、家賃の滞納があった場合にはその点をきちんと家賃債務保証会社に報告しなければなりません。仮に報告が遅れてしまうと、遅れた分の家賃は保証されないことになります。たいていは報告までの期限が設定されているため、その期限は守るように注意する必要があります。家賃債務保証会社がすべて代行してくれるイメージを持つ人が少なくないため、意外と見落としがちなポイントでもあります。大家もやるべきことがあることをきちんと知っておかないと家賃の回収ができないこともあるので注意しましょう。