賃貸経営と企業への委託|サブリース契約すれば経営が楽になる|活用する前に内容を把握する
ウーマン

サブリース契約すれば経営が楽になる|活用する前に内容を把握する

賃貸経営と企業への委託

集合住宅

管理人の業務以上の業務

賃貸経営をしている人で、賃貸管理業務を企業に委託している人は多くいます。ただ、賃貸管理業務は、いわゆる管理人の業務だと考え、自分でできるから企業に委託するなんてもったいないと考える人もいるはずです。しかし、企業が行う賃貸管理業務は、管理人の業務以上の業務となります。もちろん、管理人の業務も行います。素人が行うより、プロが行う方が管理人の業務は上手く遂行しますので、それはそれでメリットがあります。ただ、企業に委託すれば、入居にまつわる業務、募集や選定、契約といったことも行ってくれるのです。当たり前のことですが、賃貸経営するにあたり、入居者がいること、そして入居者が家賃を支払うことは最重要です。しかし、素人が入居者を集めたり、支払い能力を判断することは難しいことです。従って、賃貸管理業務を行う企業の存在は、賃貸経営に欠かせないと言っても過言ではないのです。

業務を必死に行う理由

どうして、企業が管理人の業務だけではなく、入居に関する業務まで行うのかというと、それは料金と関係しています。賃貸経営をする人が、賃貸管理業務を行う企業に支払う料金は、一般的に家賃収入の5%〜10%だとされています。つまり、家賃収入がなければ、企業は収入を得ることはできませんから、企業は入居者の募集もしますし、選定もするというわけです。そして、いいかげんな業務を行っていては、入居者は集まりませんし、入居者がいたとしても家賃滞納なんて事態に陥り、企業は収入が得られないことになります。それでは企業は困りますから、必死になって入居に関する業務を行い、成果を出します。それは当然、賃貸経営をしている人にとってもプラスなことですから、賃貸管理業務を企業に依頼するメリットは大きいのです。