男の人

サブリース契約すれば経営が楽になる|活用する前に内容を把握する

有料で家賃を保証

お金

連帯保証人の代わりを有料で行ってくれるシステムを家賃債務保証といいます。何らかの事情で家賃の滞納してしまっても、代行として一時的に支払いを行なってくれるのです。また、家賃の督促も同時に行なってくれるため手間を省くことができます。しかし、家賃債務保証はリスクもあるため、注意して利用しましょう。

マンションの運営方法

説明

サブリースを行うためには、まず契約する不動産会社を決める必要があります。積極的にサブリースを活用している不動産会社もあれば、そうでない会社もあるからです。大企業などは信頼性も高く、サブリースを行いやすい環境が整っていると言えます。基本的に自分の物件の管理をすべて任せる形になりますので、できるだけ信頼度を重要視しておくと良いでしょう。途中で管理ができなくなったり、家賃が減額していくリスクを減らすことができるからです。サブリースにはたくさんの良い点がありますので、それを活かして不動産投資を行えるように知識を得ておきましょう。空室時の家賃保証はサブリースの最大の利点として知られており、初心者オーナーには心強いサービスです。

サブリースは一棟売りのマンションを購入した場合でも利用することができ、時間のないオーナーの手助けになっています。不動産をたくさん経営しているオーナーは、自ら管理やトラブル対応などが行えないことも多いからです。サブリースにしておけば原則連絡などは不動産会社に行くことになりますので、細かいトラブルに関わらなくても問題がなくなります。サブリースで利益を出しているオーナーもたくさんいますので、始める前に経験談などを聞いておくことも良いでしょう。サブリース向けのセミナーなどもありますので、不動産会社が主催しているイベントに積極的に参加することも情報収集をする際には役立ちます。不動産購入のリスクを減らして、適切な運営をしてもらいましょう。

賃貸経営と企業への委託

集合住宅

賃貸経営で賃貸管理業務を企業に委託すれば、いわゆる管理人の業務だけではなく、入居者に関する業務も行います。企業に支払われる料金は、一般的に家賃収入の5%〜10%とされています。つまり、家賃収入がなければ、企業への支払いもなくなりますから、企業は入居者に関する業務を、当然、必死に行うのです。

譲渡や分割などの形もある

オフィス

企業買収の成功は後世まで事業が続いていく喜びとなります。企業買収を成功させるためには専門性の高い知識を極め、様々な手法を知ることが必要です。最大限に評価された企業価値を算出し、より良い形で譲渡が成功することは創業者の社会的信頼となり得ます。